外壁塗装の見積もりを安くするポイント

外壁塗装の見積もり比較より簡単に安く出来る方法があります。素人でも数時間で外壁塗装が理解できる無料ガイドブックを手元に置くだけでムダな費用を見積もりから外すことが可能。外壁塗装で失敗しない秘訣は見積もりの内訳を知る事です。その内容とは。

外壁塗装の見積もりを安くするポイント > 外壁塗装の相場より見積もりが肝心

外壁塗装の見積もり比較より簡単に安く出来る方法があります。素人でも数時間で外壁塗装が理解できる無料ガイドブックを手元に置くだけでムダな費用を見積もりから外すことが可能。外壁塗装で失敗しない秘訣は見積もりの内訳を知る事です。その内容とは。

外壁塗装の見積もりには内訳がある

外壁塗装の見積もり内訳

一般的に、外壁塗装の見積もりでは、30坪の二階建てで塗り面積120㎡をウレタン塗装する場合、大体80万円~120万円ぐらいが提示されます。この提示価格は業者によって幅があるので比較しがちですが、単純比較ほど失敗の可能性の高い行為はありません。工事内容や見積もりの内訳を知らずに、金額だけで判断すると必ず痛い目に遭います。

外壁塗装の見積もりにもきちんと内訳があり、その概要を知っているだけでも見方が変わってきますし、もしかすると自力で工事の不正を事前に見抜けるかもしれません。今更、本や雑誌で勉強する暇が無いというのなら、最低限の知識が無料で得られる方法がありますので、是非、利用してみるべきです。

自動車の購入の時は、徹底的に諸元を見たり現物をショールームで見たり研究するわけですが、外壁塗装になると全て工事店任せという人は少なくないのです。これが落とし穴です。施主が勉強熱心なほど工事店は誤魔化しが出来ませんから、知識を習得するだけで適正価格の見積もりを得ることが出ます。

外壁塗装の無料ガイドブックを入手する

外壁塗装の見積もりからトラブル予防

外壁塗装については、ほとんどの方が知らない世界だと思います。世の中には無知につけ込んで、暴利をむさぼる事を目的とする会社やサービスはあります。外壁塗装のトラブルが多いのも頷けます。

外壁塗装のトラブルの具体例については割愛しますが、酷い場合は修復も出来ず保証も使えず泣き寝入りのパターンです。工事店の所在が解らなくなることも。「そういうもんです」と開き直った態度をされると、素人は反論できないですしね。だからこそ、見積もりの段階で無知につけ込まれないように自己防衛が必要になってきます。

見積もりの安さに浮かれると冷静な判断が出来なくなります。人当たりが良いと担当者を信じ込んでしまえば疑わない心理になってしまいます。「お宅だけ特別に・・」と優待を引き出しに契約を迫る業者もいます。割引や値引きはあり得ませんので話に乗らないようにしましょう。

その他のトラブルを未然に防ぐ方法は、コチラをご覧ください。

無料で読める外壁塗装会社選びの必読書

外壁塗装の見積もり以外の大事な視点

工事の流れ

外壁塗装は見積もり金額を中心に判断しがちです。それは仕方のない事。お金は大事ですからね。ですが、自宅を蔑ろに扱われると腹が立ちますし、取り返しのつかない事にもなり兼ねないですから、ここでは外壁塗装の見積もり以外に見るべきポイントをお伝えしておきます。

外壁塗装は何と言っても職人さん。良い職人は不足気味。だから良い職人を抱えている工事店は繁盛しています。繁盛していると施工実績は多くなりクチコミや紹介も増えます。営業マンがノコノコと訪問する必要もないんです。

良い工事店の特徴は、施工管理責任者が見積もりを持参して説明します。しかも見積もりの項目も「○○一式」という書き方はしないので非常に精度が高いのです。施主の要望が無い限りは工事中の追加費用請求は当然ありません。そして身綺麗ですし礼儀正しく現場も清潔。道具も大事に使ってます。

こんな外壁塗装の専門店、あるんですよ、全国には。決して大手ではありませんが、地元で地道にウン十年も仕事しているプロの手で新築のように自宅を塗り替えて貰いましょう。こちらから紹介も可能ですが、その前に無料ガイドブックでの勉強も忘れずに。

無料ガイドブックの入手はコチラ

外壁塗装の見積もりで真っ先に見る項目

外壁塗装の赤本

新築した日のイメージって意外にも頭に残ってないものです。だから外壁塗装が朽ち始めても中々腰が上がらないのです。塗り替えで家族の気持ちも新鮮になりますし、何より建物の価値も蘇ります。ホームセンターでペンキを買って、パッと塗るだけでは、大事な家を守ることは出来ません。

初めに言っておけば良かったですが、見積もりを貰った時に、真っ先に見るべき項目があります。合計金額もそうですが、それよりも重要です。それは、塗らない場所です。これが書かれているかどうかで、真剣に下見をして見積もりを作成したかどうかがスグにわかります。

後になって「アレ?塗ってないところがあるけど??」となると、後味が悪いですし、何よりトラブルの原因になります。もし見積もりに書かれていない場合は、別の書類に書いていることもあります。それもなければ直接聞きましょう。

こうした健全な工事店かどうかのチェック方法は全て無料ガイドブックに書かれていますので、是非、手元に置いておきましょう。

部数限定の無料ガイドブック請求はコチラ